年齢肌で最も怖いのは紫外線です。この紫外線は肌の老化を促進する酸化と深い関係があります。紫外線によって発症する肌の老化は紫外線によって発生した活性酸素による肌の酸化が原因です。また紫外線によって肌がダメージを受けると肌を守るために色素細胞にメラニンの生成を指示し、肌の表面にシミができてしまうというのもこの紫外線が原因として考えられます。したがってこの紫外線は女性の大敵ですので、日頃からの紫外線対策が必要となってくるのです。

紫外線は暑い日や太陽が出ている日にしかないと勘違いされている方も多いようですが、実は曇りや雨の日など太陽がない日にも私達の肌にダメージを与えているのです。従ってどんな日でも紫外線対策は必要になります。

対策方法として挙げられるのが、まず日焼け止めの使用です。紫外線対策の常識ではありますが、日焼け止めは紫外線対策に必要不可欠です。そして、日焼け止め以外にも特に紫外線が強い日差しが強い日などはプラスして日傘や帽子、グローブなどの着用も考えるようにして下さい。この紫外線対策をするかしないかによって数年後の肌に大きな変化をもたらすことになりますので、紫外線対策はぜひ行って下さい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket